永久脱毛するならレーザー脱毛です

人物イメージ1

ここ10年~15年ほどで、脱毛の種類や方法も様々な方法が登場しています。
こちらのページでは脱毛方法の種類と効果をご紹介します。

脱毛方法の種類

カミソリで処理

カミソリ カミソリで毛を剃ります、安価でとても手軽にムダ毛処理ができますが、カミソリ負けなど肌への負担が大きいという欠点もあります。

毛抜き こちらも、毛抜きさえあればムダ毛処理が出来ます、最近では機械式のものも販売され時間短縮できるようになりましたが、手作業の場合はかなり時間を要するのと、毛根へのダメージがかなり大きいという問題もあります

ワックス 近年人気が出てきている脱毛で、脱毛ワックスを塗り脱毛しますが、こちらも毛抜きと同じで毛根へのダメージはかなり大きいといえます。

除毛クリーム クリームで毛を溶かして取り除く除毛クリームですが、こちらも安くでキレイにムダ毛処理できますが、毛を溶かすものなので、肌への負担も大きいです。

光脱毛 エステサロンなどで行う脱毛処理です、キャンペーンなどを利用すれば比較的安価で施術をうけることが可能ですが、効果を感じるまでに長い時間と回数が必要です。

医療レーザー 皮膚科などで処置される脱毛行為です。単波のレーザーによって毛球にダメージを与え、毛が生えてこないようにします。

しかし、この中で永久脱毛ができるのはレーザー脱毛だけなんです

なぜ皮膚科のレーザー脱毛だけが、永久脱毛と言われているの?

なぜ?

なぜ、レーザー脱毛だけが、永久脱毛の効果があるのでしょうか?
毛や皮膚には熱緩和時間というのがあり、これは光エネルギーを当てている時間によって光を当てているにも関わらず冷めてしまう段階があるのです。
この暖まったり冷めたりを繰り返しながら、毛は焼かれていきます。
皮膚にダメージを与えずに毛だけを焼き切ってしまうには、発光時間が長く、エネルギーの大きいレーザーが必要です。この条件を満たすレーザー機器が医療レーザー脱毛器なのです。
原理としては、エステの「光脱毛」も同じような原理を利用していますが、
毛根を破壊するほどのエネルギーを照射することは医療行為に当たるため、毛根が破壊されない程度の威力の低い機器を使用しています。

レーザー脱毛の注意点

注意!

いくら強力なレーザー脱毛でも、一回では脱毛できません、
毛には毛周期というものがあり、「成長期」「退行期」「休止期」を繰り返しています
レーザー脱毛の効果があるのはこの中でも成長期にあたる毛だけで休止期の毛根には効果がありません、そのせいで、レーザー脱毛でも完全に永久脱毛をしようと思った場合は2~3ヶ月おきに5回程度のレーザー照射が必要になります。

また、日焼けした肌などはメラニン色素にレーザーが反応してしまいやけどの危険性が出る為、照射することが出来ない場合があります。

Copyright © 永久脱毛LAB.All Rights Reserved.