不動産に関するいろいろな法律

不動産には土地と建物がありますが、これらを貸したり借りたりする場合には一定の法律があります。
土地や建物を借りる時には代金を支払いますが、これを賃料といい、その契約は賃貸借契約といいます。
一方、賃料が発生しない賃貸借のことは使用貸借といって区分されています。

不動産に所有権があるということは、その不動産を自由に使うことができるということであり、この所有権に対して、賃料を払って借りると賃借権が発生します。

不動産の賃貸借契約の形には、不動産の所有権をもった人との契約が最も多い形態ですが、不動産の賃借権をもった人との契約があり、これを転貸借といいます。
この転貸借契約の場合には、所有者の承認を必要とします。
土地を借りる場合には、建物を建てることを目的とする場合とそれ以外の目的で借りる場合があります。

建物を借りることを目的として借りる場合には、借地借家法という法律が適用されます。
借地権には普通借地権と定期借地権があり、定期借地権とは新しく設定されたものですが、これが制定される以前の契約は旧借地法が適用されます。

借地契約をする場合の契約期間は最低30年と決められており、それより短い期間お契約をしたときには、30年に延長されます。
借地契約には30年という期間が最低期間として定められていますが、これを更新する方法には合意更新というものがあり、これは貸主と借主がよく話し合って更新するものです。

更新期間は1回目は20年以上で、2回目以降は10年以上と規定されています。


その他には法定更新というものがありますが、これは契約の更新を貸主の正当事由に基づき拒否した場合でも、依然として建物が存在しているときで、借主が土地の使用を希望するときは、貸主が再び正当自由を述べないかぎり契約は継続することになります。

また、地主が変更になった場合や死亡したときにも賃借権は存在して、新しい所有者に主張することができます。


http://www.zaitakuiryo-yuumizaidan.com/
http://www.alles.or.jp/~zaitaku/
http://www.sawayaka-tsurumi.jp/pc/index.html

貝塚の賃貸の知識が一目瞭然です。

今、最も注目を集める京橋で賃貸の検索がとっても楽になりました。

お手軽の昭和町の土地情報を利用しましょう。

福生市の新築のことならこちらのサイトにお任せください。

練馬区にある仲介手数料無料情報について詳しく解説しております。